免許取得期間を短縮する

免許を取得する人の中には、学校や仕事の都合や転居の都合で「この日までに取得しなければならない」とか「何日間で取得しなければならない」という制約がかかってしまうことがあります。この期間が教習所に入校してから余裕のある期間であれば良いのですが、中にはかなりタイトなスケジュールとなる場合があります。特に、免許取得までの期間が決められているとなると、教習所を終了するだけでなく、さらには免許を取得するために免許試験センターに行き試験を受けるところまでを終了させなければならないですからさらにスケジュールがタイトになります。

このように短期間で集中して免許を取得しなければならない場合には合宿免許も有効ですが、必ずしも自分のスケジュールと一致するとは限りません。そこで、通学型でありながら、スケジュールを先に組んでもらうプランにして卒業希望時期までに全工程を終わらせることができるようにスケジュールを組んでしまうのも有効です。ただし、全てスケジュールを決める場合には、教習費用が追加されるので注意が必要です。

さらに期間がない場合には、教習所に通わず一発試験というものがあります。直接免許センターに出向いて試験を受けるというものですが、緊張感もありますし、難易度も高いので対策をしっかりとして行く必要があります。

免許取得方法

運転免許の取得期間には人によって差があるものです。これは、学力や運転能力によっても異なりますし、スケジュールの都合によっても異なります。そして、これは免許の取得方法によっても異なります。

運転免許の取得方法には、合宿免許と通学免許と2種類があります。通学しながら免許を取得する場合には、最短でも3週間、最長で1年近くかかる人もいます。この差は様々なことが理由としてあり、技能試験や学科試験に合格できず先に進めないということもありますし、学業やアルバイト、仕事、家事との並行しながら通うためにスケジュールが合わないということもあります。自分のペースで免許が取得できるところが良いところですが、教習所よりも遊びを優先してしまうような人にとっては、悪いところでもあると言えます。

それに対して、合宿免許というのは免許を取得するために集中的に教習を受けるために合宿をするわけですから、取得にかかる期間を短くすることができます。一般的に合宿期間は2週間となっていることがほとんどです。合宿免許でも取得期間が差が出てしまうのは、学科試験や技能試験に不合格となれば卒業が遅くなるので合宿が延長となります。また、合宿免許の中には旅行に行くような観光オプションが付くものもあるので、その分合宿期間が長くなることもあるのです。

参考>>合宿免許.com|運転免許の教習所、自動車学校、ドライビングスクールをご紹介

運転免許を取得する

昔は男性が運転するものだから、女性は運転免許を取得しなくてもいいと言われることもありました。しかし、今は男女雇用機会均等法ができて女性の社会進出が進んだこともあり、女性も免許を取得するのが当然になっています。そのため、成人男女の90パーセント近くは免許を取得しているとされています。

運転免許を所持することは、運転をすることができるのはもちろんですが、それ以外にもたくさんのメリットがあります。まずは、国家資格を有しているということです。私たちの暮らしの中で国家資格を取得するのはなかなか大変なことです。運転免許は国家資格の中でも所持しやすいですし、取得することで一定の学力があることの表示となります。免許があることで履歴書に書くこともできますし、仕事で優遇されることもあります。そして、免許があることでドライブが気分転換や趣味となることもあります。

次に、運転免許証というのは身分証明としてとても便利なものです。最近ではセキュリティ強化が進んでおり、様々なところで写真付きの身分証明の提示が求められます。役所で書類を受け取るときも、落し物を受け取るときにも身分証が必要ですし、最近では飛行機の手荷物検査やコンサート会場の入場ゲートでも身分証の提示を求められます。このとき、写真付きの身分証明となると免許証かパスポートが必要となり、免許証は常に携帯するものであるためとても便利なのです。

このように、運転免許を取得していると様々なところで役に立つのですが、取得は簡単なものではありません。時間もお金もかかるものなのです。そこで、ここでは運転免許を取得するにあたってどのくらいの時間がかかるのかを紹介していきます。