運転免許を取得する

昔は男性が運転するものだから、女性は運転免許を取得しなくてもいいと言われることもありました。しかし、今は男女雇用機会均等法ができて女性の社会進出が進んだこともあり、女性も免許を取得するのが当然になっています。そのため、成人男女の90パーセント近くは免許を取得しているとされています。

運転免許を所持することは、運転をすることができるのはもちろんですが、それ以外にもたくさんのメリットがあります。まずは、国家資格を有しているということです。私たちの暮らしの中で国家資格を取得するのはなかなか大変なことです。運転免許は国家資格の中でも所持しやすいですし、取得することで一定の学力があることの表示となります。免許があることで履歴書に書くこともできますし、仕事で優遇されることもあります。そして、免許があることでドライブが気分転換や趣味となることもあります。

次に、運転免許証というのは身分証明としてとても便利なものです。最近ではセキュリティ強化が進んでおり、様々なところで写真付きの身分証明の提示が求められます。役所で書類を受け取るときも、落し物を受け取るときにも身分証が必要ですし、最近では飛行機の手荷物検査やコンサート会場の入場ゲートでも身分証の提示を求められます。このとき、写真付きの身分証明となると免許証かパスポートが必要となり、免許証は常に携帯するものであるためとても便利なのです。

このように、運転免許を取得していると様々なところで役に立つのですが、取得は簡単なものではありません。時間もお金もかかるものなのです。そこで、ここでは運転免許を取得するにあたってどのくらいの時間がかかるのかを紹介していきます。